この記事を読んでいる方は、既婚、または結婚前提のパートナーがいる男性の方でしょう。
我慢汁を増やすことによって、生でのセックス時にペニスと膣の粘膜の摩擦を軽減したり、滑りが良くなり挿入がスムーズになります。

しかし、当然ではありますが女性の愛液ほどの量は見込めないので潤滑油のメリットとして比較的少ないようにも感じられます。
我慢汁が増えた時の弊害の1つとして、コンドームを付けたセックス時に、コンドームの中で滑ってしまい外れやすくなることもあります。

とはいえ、我慢汁が若い時より少なくなった・・・といった悩みの声や、
我慢汁が多く出た方が、セックスが気持ち良く感じる。
より興奮した感覚を味わえる。
フェラチオの時に、我慢汁が多いと妻が喜んでくれる。
といった我慢汁の量を増やすことによって得られる喜びの声(メリット)も少なからずあります。

我慢汁の正体とは?

まず、おさらいとして我慢汁の正体とは何か?説明していきます。
我慢汁とは俗称でして、正式名は『カウパー腺液』『尿道球腺液』とも呼ばれています。どちらも正式名です。

この我慢汁は、興奮して勃起してくると男性の尿道球腺から分泌されてくる弱アルカリ性の粘り気のある液体です。
見た目としては無色透明で、元のカウパー線液自体には匂いもしません。
精子が酸性に弱い特性があるため、射精する前に精子の経路となる男性の尿道内と女性の膣内をアルカリ性の成分により中和して、
精子を守る働きがあります。

よく勘違いされてしまうことですが、
この我慢汁自体には元々、精子が含まれていません。
ですが、生のセックスで外出ししたのに妊娠してしまった。
『我慢汁で妊娠!』というような事実をよく耳にもします。

これには理由があって、我慢汁(カウパー腺液)自体には元々、精子は含まれていませんが、
射精に備えて、精管に備えられた精子が、射精前に尿道に排出されることがあります。
この時に、尿道球腺液から分泌された『我慢汁』が尿道に排出された精子と共に、体外に出てしまうことがあります。
結局、尿道部分で精子と我慢汁が混ざってしまうということですね。
ですので微量ではありますが、我慢汁に精子が混ざり、妊娠の可能性があるということになります。

我慢汁の成分

我慢汁(カウパー腺液)は、主成分が糖とタンパク質が結合して出来た糖タンパクと呼ばれる成分です。
特徴としては、前述の通り弱アルカリ性で生物の粘膜部分に存在し『ムチン』と呼ばれているものと一緒で粘り気があります。

そもそも、我慢汁の平均的な量ってどのくらいなの?

我慢汁の平均的な量というのは、計測が難しいところです。
我慢汁の分泌量には個人差が多かったり、興奮の度合いや、勃起の持続時間によっても量が変わってきます。
一般的には尿道が軽く湿り、余った分が外に出て指先で触ると水滴が数滴、糸が引く程度です。
人によっては、パンツが明らかにその部分だけビッショリと濡れているのがわかる程度まで出てしまう人もいます。

量に関しては、興奮の度合いの他にも男性ホルモンの分泌量にも比例してくる傾向があります。
特に精力が減退してくる中高年では、男性ホルモンの量が減ってきていますから、比例して我慢汁の量も減ってくるのが一般的。

我慢汁を増やす方法!

我慢汁(カウパー腺液)を増やす方法としていくつか挙げていくと、
・より興奮する状態を作る
我慢汁は興奮の度合いに比例して分泌量が増えてくる傾向にあります。マンネリしたセックスを避け、より刺激のあるプレイや体位、シチュエーションを作り興奮状態を高めていくことが大事です。パートナーにも強力してもらい、より興奮する状態を作っていきましょう。
・オナニー禁止期間を作る
我慢汁も一般的な精液と同じように、オナニー禁止期間を作ると効果的です。我慢汁自体もより溜めることが出来ますし、オナ禁によって性欲の強化や刺激にも敏感になる為、いざセックスをしようとする時に我慢汁が多く出ることが期待できます。オナニーの禁止期間は最低3日程度開けると効果的です。
・男性ホルモンの量を増やす
我慢汁の量も男性ホルモン(テストステロン)の分泌量と比例していると言われています。テストステロンの量を増やすことによって、我慢汁の量も増えることが期待できます。テストステロンを増やす為には健康的な生活習慣、気持ちの持ち方、テストステロンの原料となる亜鉛やアミノ酸を摂取していきましょう。
・我慢汁の元となる成分を摂取
我慢汁の元となる『ムチン』ですが、これ自体が粘り気のある成分です。このムチンが含まれる食材というのも一般的な手に入りやすい物で多数あります。代表的なのが、納豆やオクラ、山芋、里芋、モロヘイヤ等のネバネバ食品です。これらの食品を積極的に摂取していきましょう。

まとめ

我慢汁を増やす方法としてまとめてみると、
1 興奮状態を作る
2 オナ禁期間を設定
3 テストステロンを増やす
4 ムチンを食べる
以上のことが方法としてあります。

我慢汁自体は一般的な量(軽く亀頭部分が湿る程度)出ていれば、そんなに問題はありません。
ですが明らかに量が少ない人は、これらの方法を試してみる価値はありますね。