「ガチャ、、、ただいまー」

仕事で疲れて、帰宅すると妻が手料理で出迎えてくれた。

「おかえり、今日の夕食は納豆とオクラと山芋のサラダよ。」

「う、うん、、、(今日はヤル気満々じゃねーかw)」
「ムシャムシャ。。(まぁーとりあえず食っとくかww)」

食事 画像

精がつく!ギンギンになる食事ってどんなの?

「精力をつける」

というのは、いわば

  • セックス時の体力をつける。
  • ペニスをギンギンにさせる。
  • 精液をドバドバに出す。

という3つの意味が込められています。

で、これらを兼ね備える食材はないのか?
それが、、、、、実はあるんです。笑

精力を付ける食材

  • 牡蠣
  • 納豆、山芋などのネバネバ食品
  • タマネギ、にんにく

といった食品です。いかにもって感じですね。笑

これらの食品には共通点があります。
男性ホルモンの分泌を高めてくれるんです!

この、男性ホルモンが多くなれば、体力もつき、
精液の質と量も改善されて勃起力も上がります。

つまり、精力が付くというワケなんですね^^

キーワードは「男性ホルモン」です!

牡蠣(カキ)

生ガキ“海のミルク”と呼ばれるほど栄養が豊富。

精液を増やす成分「亜鉛」が食材の中でも
ダントツに含まれているんですねー!

カキを食べると男性ホルモンの一種である
「テストステロン」の血中の値が濃くなります。
すると、勃起しやすくなったり、精液の
量が増えて濃くなります。

不妊治療のドクターは、患者さんに
カキを食べることをオススメするほど!

ちなみに、カキを食べると精力がつくのは、
男性だけで女性はあまり変わりません(´Д`)

納豆

納豆ネバネバの正体は、タンパク質と糖が結合した
「ムチン」と呼ばれるものです。

このムチンが、精液を増やして濃くします!
さらに、男性ホルモンの分泌も促進させるんです!

精液の透明なゼリー状の部分にはタンパク質と
結合した「糖」が含まれています。

最近の研究でネバネバの成分が、
精液に含まれる糖と近いことも分かってきました。

AV男優のほとんどは、普段から納豆やオクラ、
山芋などのネバネバ食品を欠かさず食べています。

山芋

男性ホルモンが減少すると、勃起しなくなったり、
性欲が低下したり、何事もやる気が起きなくなって
きてしまいます。

その原因が「前立腺肥大」です。

50代の3人に一人が老化による前立腺肥大に悩ま
されています。

この前立腺肥大の対策にはテストステロンを補充
する治療がありますが、お金はかかるし面倒。。。

実は、テストステロンを増やしてくれる成分が
山芋にはたっぷり含まれているのです!!

テストステロンの中でも、若返りホルモンと
言われる「DHEA」というホルモンがあります。
DHEAは副腎で作られる物質ですが、年とともに
生産量が減っていきます。

このDHEAを外から増やせるのが「山芋」なんです!

山芋のネバネバ成分は「ムチン」という成分。
また、「サポニン」という男性ホルモンを増やす
ための成分も入っています。

山芋

まさに、悩める中高年男性のためにある食材
なのではないか?

って思ってくらいのありがたい食材です。

山芋のサポニンは納豆と一緒に食べることによって
相乗効果がアップします!

摩り下ろした山芋と納豆をまぜてご飯の上にかけて
食べるのがベストです!

タマネギ、にんにく+肉類

タマネギ東海大学のある研究者が、タマネギとにんにくに
含まれる「硫化アミノ酸」が男性ホルモンの一種
「テストステロン」を増やすと発表しました。

しかし、タマネギやにんにく単体では
効果を発揮しません。肉と一緒に食べると
テストステロンを増やします。

ハンバーグの中に入っているタマネギや
ステーキの上に乗せるガーリックチップスは
理にかなっているのです。

まとめ

男性ホルモンの生成を助ける食材を食べると精力が付く!

グッド確かに、わたくし、ハンバーグや
ガーリックステーキなどの肉料理を
食べた後はムラムラするし、精液も
増えた経験があります。

納豆とか、山芋とかのネバネバ食材は、
AV男優も好んで食べるようです。

私は、牡蠣を毎日食べていた時期がありました。
持久力も硬さも上がっていて、精液の量も
ドバドバに増えましたね。

注意点としては、精力を上げる食材は
カロリーが高めな食品が多いので、
食べ過ぎにはお気をつけ下さい。。。